仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】興福寺 南円堂 - 大きな不空羂索観音や今にも動き出しそうな高僧像(法相六祖坐像)

年に一度(10月17日)、特別開扉される南円堂。
本記事は、南円堂内の仏像拝観レポートです。

 

 

南円堂(なんえんどう)

特別開扉の日は、普段よりも南円堂周辺が混雑していました。

f:id:shishi-report:20191017224550j:plain

南円堂


南円堂の左手に設置された白いテントで拝観券を提示し、普段は柵で囲んであるエリアへ。

そこから見上げた南円堂の写真。

f:id:shishi-report:20191017224828j:plain

南円堂を見上げる


以降は撮影禁止となります。
開かれた扉の手前で靴を脱いでお堂内へ入りました。

広告

 



南円堂配尊図

南円堂といえば、康慶(運慶のお父さん)をリーダーとする慶派仏師による作品が密集していることでも有名ですよね(すべて国宝)。

f:id:shishi-report:20191017224919j:plain

南円堂配尊図 パンフレットを撮影したもの

不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)を中央に、その周囲を法相六祖(ほっそうろくそ)坐像と四天王が囲む配置になっています。



不空羂索観音菩薩(ふくうけんさくかんのん)(国宝)

(参考:不空羂索観音って?

興福寺境内にある不空羂索観音の看板を撮影した画像

興福寺 南円堂 不空羂索観音 (興福寺境内の看板を撮影) 


まず不空羂索観音菩薩の大きさに驚きました。
像高 336 cm!

3メートル超なので、かなり見上げる感じになります(もうちょっとこぢんまりした感じかと思っていた)。

f:id:shishi-report:20191017225828j:plain

不空羂索観音菩薩 パンフレットを撮影


金色に光る身体、繊細だけれども豪華な後背、大きな台座。
頭のてっぺんから台座まで、一切のぬかりがないというか、とにかく圧倒的でした。
正面で少しかがむか座るかすると、目もバッチリ合います。

目が三つ、手は合計八本のスタイル。
錫杖や蓮の花、払子、羂索などをお持ちでした。
羂索(縄)のおかげで全員救える→空しくないので「不空」なんですね。

康慶とその弟子たちが15か月かけて造ったそうです。

法相六祖坐像(ほっそうろくそざぞう)(国宝)

そして、不空羂索観音菩薩の隣に座る高僧たち(法相六祖坐像:法相宗に貢献したお坊さんたち)のリアリティ!

f:id:shishi-report:20191017234239j:plain

法相六祖坐像 パンフレットを撮影


実は私、2017年に東京国立博物館にて開催の「運慶」展にて、この法相六祖坐像を観たことがあったんです。

もちろんそのときも感動はしたのですけど、記憶が薄れて「ああ、あの偉いお坊さんたちね」くらいの意気込みでいたら、改めて本場で観る法相六祖坐像はすさまじかった。

たまたま隣にいらした見知らぬ紳士が「今にもムクッと立ち上がりそうだな」とつぶやいていましたが、まさにそれ!

慶派の仏像といえば、写実性がものすごく高いことが特徴の一つだと思いますが、どうしたらあんなふうに彫れるのでしょうか。
彫刻を習っていたことがあり、その難しさを知っているので、余計に不思議でならない。

玉眼(ぎょくがん)に光が反射すると、もうほとんど「生きている」ように見えます。
表情だけではなく、少し猫背の感じとか、衣のひだとか、思わず「ほおおおお」と見入ってしまう。

我を失ったかのように呆然と見続けていた若者を見かけましたが、「わかる、すごいよね、わかる、康慶チーム天才だよね」と心の中で勝手に共感していました。


四天王(国宝)

同じく康慶チーム作の四天王も良い!

f:id:shishi-report:20191017235851j:plain

南円堂の四天王 パンフレットを撮影


大柄で迫力があります。
強い風に吹かれながらごうごうと燃える感じの後背もいい。

多聞天などは、ふくらはぎあたりの着色がかなりはっきり残っていて、これまた技術力の高さがうかがえました。

蛇足ですが、私が注目したのは増長天が踏んでいる邪鬼。
邪鬼といえば、仏教では悪の象徴ですから、なかなかアクロバティックな姿勢で、苦悶の表情を浮かべています。

この邪気も例に違わず、醜い造形なのですけれども、さらに追い打ちをかけるかのごとく、顔がボツボツしているのです。
ボッツボツ、イボイボです。
(経年の変化でボツボツになったのかなと思ったのですが、どうも元からボツボツしているのでは、という感じでした。ボツボツさせることよって「悪」を表現しているのでしょう)

こういう細かいところまで手の込んだ演出もたまりませんね。


興福寺のほかの仏像

北円堂には、運慶率いる慶派仏師たちによる仏像が安置されています。
無着・世親菩薩は「運慶の最高傑作」といわれるほどの見ごたえ。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 


興福寺もくじページにもどる

shishi-report-2.hatenablog.com


広告