仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【京都】◆東本願寺 - お堂の巨大さに圧倒される

東本願寺ってどんなお寺?

f:id:shishi-report:20180626103633j:plain

阿弥陀堂(左)と御影堂(右)

東本願寺の特徴

・親鸞聖人のお骨を移動、廟堂を経て影像を安置したのが始まり
・江戸時代に西と東に分かれた
・京都駅から徒歩で行ける

東本願寺のみどころ

・巨大なお堂(阿弥陀堂・御影堂)

- - - - - - - - - -
広告

 

参観レポート

境内で見学できるのは、阿弥陀堂と御影堂。
(それ以外は申込が必要)

阿弥陀堂

f:id:shishi-report:20180626103841j:plain

阿弥陀堂

阿弥陀門をくぐると正面に見えるのが 阿弥陀堂。
写真だと伝わりにくいのですが、とにかく大きい。

f:id:shishi-report:20180626104048j:plain

阿弥陀堂入口


入口で靴を脱いで、ビニール袋に入れて持ち歩く見学スタイルです。
ベビーカーや大きなトランク類は置く場所がありました(鍵もかけられる)。
こういう心遣いはありがたいですね。

私はボストンバッグでしたが、重くて疲れていた(少しの時間だから持ち歩きで大丈夫だろうとロッカーに預けなかった)ので、ここに置かせてもらいました。
おかげで身軽な状態で楽しめました。


お堂内部も巨大な空間です。
天井が高いので、広いというより、巨大な空間、と表現するのがしっくりきます。

内部には警備員の方も常駐しており、さすが観光地、という感じ。
お堂の畳に座って、仏画や欄間の彫刻を楽しみました。

f:id:shishi-report:20180626104842j:plain

阿弥陀堂から御影堂を見たところ

 

阿弥陀堂と御影堂間にある展示物

阿弥陀と御影堂間を移動する通路には、毛綱(けづな)や大橇(おおぞり)が展示されています。

f:id:shishi-report:20180626110241j:plain

毛綱


毛綱とは、毛髪と麻を撚り合わせて編まれたもの。
大きな木材を運ぶ際に丈夫な綱が必要だったのだそうです。
ちょっと写真がイマイチですが、通行人の方の影と比べると太さもおわかりいただけるかと思います。
髪の毛って強いんだなぁ…としみじみ思ったのでした。

ちなみにこの通路から門側を見るとこんな景色です。
きれいですね。

f:id:shishi-report:20180626110651j:plain

御影堂門


御影堂

御影堂内部は阿弥陀堂とだいたい似たような感じでした。

御影堂から観る御影堂門もいいです。
写真手前の影の大きさが御影堂の大きさを物語っています。

f:id:shishi-report:20180626110942j:plain

御影堂門 御影堂側から

 

新版 古寺巡礼京都〈40〉東本願寺

新版 古寺巡礼京都〈40〉東本願寺

 

 

 

開門時間

3月~10月 午前5時50分~午後5時30分
11月~2月 午前6時20分~午後4時30分

阿弥陀堂・御影堂は無料。

アクセス

 JR京都駅から徒歩10分程度。

 

周辺の施設情報

 

・東寺
(東本願寺とは京都駅をはさんで逆側ですが)
shishi-report-2.hatenablog.com

 

- - - - - - - - - -
広告