仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】十輪院 石仏龕 - 釈迦・地蔵・弥勒(過去・現在・未来)が並ぶ神秘的な空間

本記事では十輪院の石仏龕(せきぶつがん)について詳しく紹介しています。
(十輪院 全体案内は>>>◆十輪院 - 小規模ながら本堂は国宝、珍しい構成の石仏龕も必見のお寺

 

十輪院本堂を撮影した画像

十輪院 本堂

僧侶の方にお声がけして、拝観料を支払い、堂内へ。

檀ごしに手を合わせた後、石仏龕の前まで行き、僧侶の方に詳しく説明していただきました。

理解不足なところもあるかもしれませんが、詳しく説明していきます。

石仏龕 イメージ図

本堂内撮影禁止ですので、石仏龕のイメージを描いてみました。

石仏龕の大きさは間口 2.68 m 奥行 2.45 m 高さ 2.42 mですので、本堂の奥に小部屋がある、というような感じです。

十輪院の石仏龕のイラスト

石仏龕 イメージ

石仏龕の構成

手前の柱が大門、次の柱が中門を意味していていて、お寺の伽藍(がらん)形式になっているのだそうです。

ご本尊は地蔵菩薩

石仏龕の中央におられるのが石造の地蔵菩薩

弘法大師(空海さん)が弘仁年間(810~823)に造立した、と伝わっているそうですが、お顔や石の感じからするとだいたい平安時代くらいだろう(※)とのこと。
(※飛鳥よりも古くないし、鎌倉ほど新しくないので)

石仏といえば、経年変化で凹凸がなくなっていることもあると思うのですが、彫りがしっかりと残り、穏やかな表情で癒してくれるお地蔵さんです。
お寺の方や地域の方が、大切に守ってきたのでしょうね。

持物は宝珠(ほうじゅ)。もう一方の手は与願印(手のひらをこちらに向けて下げた状態)です。

「3つの霊験あらたかなお地蔵さん」のうちの1つ(他は、福智院、東大寺の地蔵菩薩)だそうです。

過去・現在・未来

地蔵菩薩の左に釈迦如来、右に弥勒菩薩が浮き彫りで表現されています。

一般的な仏像の配置でいえば、如来が中央にくるのが一般的なので、地蔵菩薩がセンターという配置は非常に珍しいなと思いました。

地蔵菩薩は、釈迦が亡くなってから弥勒菩薩が来るまでの時代、つまり「現在」を担当しています。それに対し、過去を象徴する釈迦如来、未来に登場する弥勒菩薩が並ぶことで、「現在・過去・未来」を表しているんだそうです。

地蔵世界を表現

十王(じゅうおう)

地蔵菩薩の横の壁には「十王」が彫られています。

十王は、地獄で死者を裁くときの裁判官。
十王の一人、閻魔王は地蔵菩薩が姿を変えた存在と考えられるなど、地蔵菩薩と十王は結びついて信仰される面があるようですね。

聖観音・不動明王

位置関係的に、確認はできなかったのですが、釈迦如来・弥勒菩薩が彫られている柱の側面(?)にそれぞれ不動明王と聖観音も彫られているそうです。

四天王・仁王

釈迦如来・弥勒菩薩が彫られている柱の、ひとつ手前の柱には四天王が、さらに手前の柱には仁王が彫られています。

四天王の柱の側面には、五輪塔も彫られています。

星マンダラ

石仏龕の上部や柱には「星マンダラ」なる梵字も彫られています。

上部(フタの部分)に陰刻されているのは「北斗七星」と「九曜」。
仁王の柱の側面に彫られているのが十二宮(太陽の運行経路である黄道を12の星座で分けたもの。いわゆる、星占いの星座ですね!)。

引導石(いんどういし)

龕の手前には平べったい「引導石」が置かれています。

かつての十輪院は、葬儀の場であり、死者の棺をこの引導石の上に置いたそうです(当時の棺は、樽のような形だったそうです)。

「引導を渡す」の「引導」はここからきているんですね。

引導石の両脇には経幢(きょうどう)という石柱が立っています。

広告- - - - - - - - - -

 



十輪院のほかの記事

奈良は有名寺院がたくさんあるので、観光ガイドブックにはなかなか記載されない十輪院ですが、石仏龕はかなり珍しい構成なので、仏像好きの方にはおすすめです。

十輪院全体案内>>>◆十輪院 - 小規模ながら本堂は国宝、珍しい構成の石仏龕も必見のお寺