仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【東京国立博物館】常設展示の仏像(2018年12月版)- 明王風の広目天・獅子冠がかわいい愛染明王など

東京国立博物館のおすすめ仏像スポット、本館1階11室。

【上野】東京国立博物館 - 仏像スポットは本館1階11室


4~8週間ごとに展示替えを行っているので、訪れる度に仏像のラインナップが変化しています。

本記事では2018年12月に観覧した仏像を紹介します。

 

 

2018年12月初旬の展示(抜粋)

菩薩立像

本館1階11室に入るとすぐに迎えてくれるのがこちらの菩薩立像(撮影禁止マークがあるもの以外は撮影可でした)。

f:id:shishi-report:20181209125527j:plain

菩薩立像

鎌倉時代の彫刻。
『東京国立博物館ニュース』の表紙を飾ったこともある仏像です。
装飾がゴージャス、けれども優雅な表情で、心が落ち着きます。


こちらも鎌倉時代の菩薩立像。
ウエストの細さに驚きました。

f:id:shishi-report:20181209130428j:plain

菩薩立像

 

十一面観音立像

十一面観音立像は11室に全部で4軀、展示されていたのですが、撮影可能なのはこちらの像だけでした。

f:id:shishi-report:20181209130230j:plain

十一面観音立像

 

他の十一面観音立像は
○奈良・秋篠寺蔵(9世紀)重文
○奈良・薬師寺蔵(10~11世紀)
○奈良・小嶋寺蔵(9世紀)

このうち、薬師寺蔵と小嶋寺蔵の二軀が、11室奥(12室側)のステージ的な空間に展示されています。

撮影禁止なので写真はないのですが、この二軀それぞれをじっくり鑑賞した後は、影(後方の壁に生じた影)にもご注目ください。

二軀はそれなりに距離(1メートル程度?)をとって、安置されているのですが、後方の壁に映る影を見ると、照明の影響で、まるで夫婦のように寄り添っている雰囲気なのです。

向かって左側の十一面観音の方が像高が少し低いので、その影はどこか女性的な感じ。しかも隣の十一面観音の腕にそっと触れているようにも見える。
(※あくまで影の話です)

仏像には性別という概念がないことも多いので、あくまで個人的な捉え方ではありますが、想像力が掻き立てられて興味深かったです。

展示を設計された方は、影のことまで計算したのでしょうか…(おそらくそうですよね)。すごい。

お寺の静謐な雰囲気の中で観る仏像もいいですが、博物館などでの展示は、仏像の普段と違った面が見れて楽しいです。


広告  

広目天立像

四天王のうち、西を守護する広目天。

f:id:shishi-report:20181209132023j:plain

広目天立像

f:id:shishi-report:20181209132041j:plain

広目天立像 アップ

広目天といったら、筆と巻物を持っているのが一般的だと思いますが、こちらの広目天は縄(羂索)と杖的なもの(戟(げき)?)を持っています。

光背も燃え上っているし、憤怒相だし、不動明王をはじめとする「明王」に近い雰囲気。

筆&巻物を持つ広目天も知的な感じがして好きですが、猛々しい感じの広目天も迫力があっていいですね。

愛染明王坐像

人の愛欲を浄化する仏、愛染明王。
三つの目と六本の腕を持ちます。
奈良にあった内山永久寺(絶廃)に伝わったもの(13世紀の作品)。

f:id:shishi-report:20181209140805j:plain

愛染明王坐像

愛欲を表すという真っ赤な身体は、華やかというか、派手というか、目をひきますね。

頭部をアップします。

f:id:shishi-report:20181209141158j:plain

愛染明王坐像 アップ

キリッとした、若々しい、少年風のお顔。

私が特に注目するのは、頭に載せている獅子冠です。
まず思ったのは、獅子が大きい、ということ。
横幅に関していえば、愛染明王のお顔とさほど変わらない!
他の愛染明王の獅子冠はもう少し小さかったような(何体も観たことがあるわけではないので、印象ですが)。

またこの獅子の表情がいいですよね、どこか人間っぽい感じで。
(昔、人面魚なる魚が大フィーバーしたことを思い出しました)


慈恵大師坐像

高僧彫刻(偉いお坊さんシリーズ)です。

f:id:shishi-report:20181209143247j:plain

慈恵大師坐像

慈恵大師良源さんは比叡山を発展させた方。
観音の化身としても信仰を集めたのだとか。
だから慈恵大師像の彫像はたくさん残っているのでしょう(木彫35体、うち11体は重要文化財→高僧彫刻のなかでは最も多い - Wikipediaより)。

そして、この良源さん、おみくじの創始者といわれているんだとか!

おみくじって、よく考えられたシステムですよね。
お寺にとって貴重な収入源であるばかりか、教えを載せておくこともできるし、かといって仰々しくないから、参拝する方も「運試し」として楽しめる。
実利とエンターテインメント性を備えたものだと思います。

だからこそ、千年以上経ってもなくならないだろうと思います。
(私もおみくじ大好きで、見かけたらすぐ引いてしまいます)

良源さん、アイディアマンだったのでしょうね。

おわりに

訪れる度に展示が変わっていて、毎回見ごたえがあります。
博物館ならではの、照明の感じとか、影の出方などにもご注目ください。

いまこそ歩きたい東京国立博物館 (saita mook)

いまこそ歩きたい東京国立博物館 (saita mook)

 

 
広告