仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【京都】建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂 - ころんとしたフォルムがたまらない6体のイノシシ(狛亥)

建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂って?

・禅居庵(ぜんきょあん)は建仁寺に寄り添って建てられた庵
・中国から招請したお坊さん(大鑑清拙正澄禅師(だいかんせいせつしょうちょう)(1274~1339))が晩年を過ごし、遷化(高僧が亡くなること)された場所
・大鑑清拙正澄禅師が信仰していた摩利支天像がまつられている

建仁寺禅居庵 摩利支天堂の特徴

・摩利支天の眷属(けんぞく)がイノシシであるため、境内に6体の狛亥(こまい)がいる!


広告  

拝観レポート 狛亥の写真

建仁寺側から唐門を通って入ったところ、目に飛び込んできたのは手水舎のイノシシ!
ちょっとライオンっぽい、猛々しい感じです。

f:id:shishi-report:20190113152308j:plain

手水舎のイノシシ

摩利支天堂に御参りした後(イノシシに気をとられ、お堂の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました)、イノシシ探索。

境内には6体(=3組)の狛亥がいます!

① ころんとした狛亥

f:id:shishi-report:20190113152827j:plain

阿形 狛亥

f:id:shishi-report:20190113152947j:plain

吽形 狛亥

f:id:shishi-report:20190113153313j:plain

狛亥のおしり

ころんとしたフォルムがたまりません。

➁ スリムな狛亥

f:id:shishi-report:20190113153555j:plain

吽形 狛亥

 

f:id:shishi-report:20190113153513j:plain

阿形 狛亥

阿形の方は写真のアングルがちょっと微妙ですが、口を開けているのは確認できるかと思います。

前足に白い布?のようなものを巻いていて、怪我でもしたのかと心配になりました(石像だけど…)が、写真を拡大してよく見てみたら、おみくじが括りつけられているだけのようでした。

③ 門前の狛亥

お次は境内の外(門の前)にいる狛亥。

f:id:shishi-report:20190113154019j:plain

阿形 狛亥

f:id:shishi-report:20190113153947j:plain

吽形 狛亥

目のところがくぼんでいるので、ちょっと怖い気もしますね。
かつては、玉眼的なものが埋まっていたのかもしれません。

鼻が長いせいか、なんとなくイルカを彷彿とさせる表情です。
吽形の方は、前足がぎこちない感じがしますが、これはこれで味がありますね。

個人的にはお堂の一番近くにいた、ころんとしたフォルムの狛亥が一番好きです。

建仁寺参拝の際は、おとなり禅居庵の摩利支天堂と狛亥も必見です。

 

参拝時間

午前9時~午後5時
境内自由


広告  

アクセス

建仁寺境内から行く場合は、山門と勅使門の間の十字路を西に。
唐門から禅居庵境内に入ることができます。

一旦八坂通か大和大通りに出て、禅居庵の門から入るほうがわかりやすいかもしれません。

周辺の施設情報

・建仁寺

shishi-report-2.hatenablog.com

 

・六波羅蜜寺

shishi-report-2.hatenablog.com

広告