仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【仏像の知識】六観音とは? - 六道で苦しむ者を救済してくれる6種の観音菩薩たち

六観音(ろくかんのん)とは?

f:id:shishi-report:20200727131523j:plain

六観音


あえてひとことで言うならば、6種類の観音さまが揃ったときのグループ名、みたいな感じでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

広告- - - - - - - - - -

 



六道とは

六観音について理解するためには、まずは「六道」について知る必要があります。
少し詳しく解説します。

仏教では、「輪廻転生」という思想が基本になっていますね。
死んだあとも、別の生命に何度も生まれ変わる、という考え方です。

死後に生まれ変わる世界は6つあり、これを六道といいます。
六道にはどんな世界があるのでしょうか。

・天道
天部の神々(帝釈天など)が住んでいる。
苦しみのない世界。

・人道
我々が住んでいるこの世。

・修羅道
阿修羅が済む世界。
怒りや争いが絶えない。

・畜生道
人間以外の生物が住む世界。
弱肉強食。

・餓鬼道
飢えと渇きに苦しむ世界、

・地獄道
この世で罪を犯すと落とされる世界。

「菩薩」という位の仏は、この6つの世界をめぐって人々・生き物を救済してくれます。

六道それぞれに担当の観音さまがいる

真言系や天台系の宗派では、各世界にはそれぞれ担当の観音菩薩が存在する、という考え方をします。

学校でいえば、担任の先生、みたいな感じでしょうか。

天道:如意輪観音

  

 

人道:准胝観音(真言系) or 不空羂索観音(天台系)

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

 


修羅道:十一面観音

 

畜生道:馬頭観音

  

餓鬼道:千手観音

 



地獄道:聖観音

 


これら6種の観音菩薩のことを「六観音」とよびます。

※人間界の担当は、宗派によって准胝観音か不空羂索観音か異なりますが、両者を含めて「七観音」と呼ぶこともあるようです。


六観音像の実例

京都 大報恩寺

六観音としてセットで祀られているケースはあまりないようで、有名なのはやはり京都の大法恩寺。 


肥後定慶(運慶の弟子)をリーダーとする、慶派仏師たちによる作品です。

トーハクのブログ(過去記事です)に写真&詳しい解説あります。

www.tnm.jp

 

公式サイト>>>トップページ|千本釈迦堂 大報恩寺

西国三十三箇所巡り

六観音としてセットで、というわけではありませんが、西国三十三箇所巡りをすると、六観音すべて拝観できるようになっています。

西国三十三所 巡礼の旅

 

おわりに

たとえどんな世界に生まれ変わったとしても、救済の道がある。
六観音はそれを教えてくれる存在ですね。
仏教の懐の広さを感じました。

広告- - - - - - - - - -

 



 

参考文献

 

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

参照サイト

観音菩薩 - Wikipedia