仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【特別展】奈良博三昧 - 「奈良博といえばコレ!」な逸品がずらり【撮影OKも嬉しい】

本記事は、2021年7月17日~9月12日に奈良国立博物館で開催の特別展「奈良博三昧ー至高の仏教美術コレクションー」の観覧レポートです。

f:id:shishi-report:20210721224700p:plain

特別展「奈良博三昧」

 

どんな展覧会?

勝手にざっくり言い換えるなら「奈良博行ったらコレ見ときな!」展

私がまだ仏像について詳しくなかったとき、こんなことを思った記憶があります。
「奈良博って仏像館もあるし、すごいのはわかるのだけど…… 東京国立博物館にも貴重な仏像は多々あるし……つまるところ、奈良博の個性というか、みどころ(推しポイント)って何なんだろ?」と。

そんな、かつての仏教美術初心者だった私への回答が、今回の特別展に表れているかなと感じました。
仏像について知れば知るほど、奈良博のすごさを実感します。

撮影OKがうれしい!

f:id:shishi-report:20210718134248j:plain

撮影OK

なんと本特別展「奈良博三昧」では、撮影OK!
撮影した写真も、営利目的でなければSNS等に載せてOK(※一部をのぞく)とのこと!
ただし、他の方の迷惑にならないように(肖像権にも注意)。

(※営利目的での使用はNGということなので、本記事内には広告を表示しない設定にしております。まあ、広告が表示されたとしても「営利目的」と呼べるほどの収入には遠く遠く及ばないので、現実的に問題はないのだろうと思いますが、念のため


東京国立博物館(トーハク)では、以前から一部の常設展示品については撮影OKだったので、「奈良博もいつかそうならないかな~」と思っていたら、まさかの今回、特別展なのにOK。

これは仏像好きにはうれしい。
というのも、仏像は「仏さま」でもあるので、お写真を撮れないことがほとんど。

仏像の魅力を伝えるために、基本的には文章や絵でがんばるのですが、どうしても写真にはかなわない部分も。

そのもどかしさを今回感じなくてよいということで、撮りたての写真を貼りつつ、魅力をどしどし語っていきたいと思います。

特別展にお出ましの仏像たち

仏像以外にもいろいろ展示されていますが、本記事では仏像に特化して書いています。
珍しかったり、ちょっと驚きのあるお像を中心に挙げています。

出山釈迦如来立像(しゅっせんしゃかにょらいりゅうぞう)

仏像

出山釈迦如来立像(特別展「奈良博三昧」にて撮影)

6年に渡る苦行の後、「苦行は無意味」と悟って山を降りた釈迦の姿を表した彫像。

苦行の後なので、頬はこけ、あばら骨が浮き上がっています。
目元もちょっと開ききれないというか、虚ろに見える。

f:id:shishi-report:20210718140724j:plain

出山釈迦如来立像(特別展「奈良博三昧」にて撮影)

お腹も空いていたでしょうから、力が出なくて歩くのもやっと、という感じが前かがみの姿勢に表れています。

出山釈迦如来立像(特別展「奈良博三昧」)を横から撮影した画像

横から撮影


この、山を降りる釈迦のお像、非常に珍しいのです。

奈良博が保管していることは知っていたのですが、ここ数年は仏像館のほうにも出陳されておらず(たぶん)、私も今回初めて拝見できました。

入場してすぐのところにおられるので、「いきなりすごいの来たー!」という感じ。
南北朝時代の貴重なお像です。

力士立像(りきしりゅうぞう)

仏像を正面から撮影した画像

力士立像(特別展「奈良博三昧」にて撮影)

「力士」と聞くとお相撲さんを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうか。
仏教でいう「力士」は、「仏教のガードマン」的な役割です(金剛力士(お寺の門にいる仁王像)などもそうですね)。
説明パネルの英訳にも「Guardian」とあります。

ポージングをよく見ると、片方の手のひらはこちらに向けているので、やはり金剛力士に近い存在だろうと推察します。

しかし……ガードマンにしては、やたら愛嬌のある表情。
輪郭はがっちりしているので頑丈そうではありますが。

あごががっちりした仏像の写真

力士立像の頭部(特別展「奈良博三昧」にて撮影)

あまり日本では見かけないような風貌(制作場所は不明)で、奈良博でも目立つ存在です。

如意輪観音(にょいりんかんのん)

奈良博所蔵の如意輪観音を撮影した画像

如意輪観音(特別展「奈良博三昧」にて撮影)

智も財も、思うがままに叶えてくれるという如意輪観音。
6本の腕を持ち、輪宝と宝珠を持っています。
頬に手を当てているのは思惟手(しゆいしゅ)といって、考え事(いかにして多くの人々を救うか)をしていることの現れ。

上の写真のお像はわりと肉付きがよいタイプですが、もうおひと方、お出ましでした。

奈良博の如意輪観音を撮影した画像

如意輪観音(特別展「奈良博三昧」にて撮影)

こちらのお像は優美なイメージですよね。
同じ如意輪観音でもかなり印象が異なるのが興味深いです。

(如意輪観音についてより詳しく知りたい方はこちら

五大明王(ごだいみょうおう)

不動明王ほか五体の明王像を撮影した画像

五大明王(奈良博三昧にて撮影)

救うのが難しい人々を、厳しさをもって救おうとしているのが明王(みょうおう)。

「明王」にはいろんな方がいますが、密教の5つの智慧が明王の姿に変身した存在が「五大明王(ごだいみょうおう)」。

五大明王のメンバーは、
「お不動さん」としておなじみの、不動明王(ふどうみょうおう)。

f:id:shishi-report:20210719005854j:plain

不動明王

シヴァ神夫婦を踏みつけている降三世明王(ごうざんぜみょうおう)。

f:id:shishi-report:20210719010032j:plain

降三世明王

身体中にヘビを巻き付けている軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)。

f:id:shishi-report:20210719010134j:plain

軍荼利明王

水牛にまたがる大威徳明王(だいいとくみょうおう)。

f:id:shishi-report:20210719010242j:plain

大威徳明王

金剛杵(こんごうしょ)という武器で悪をはらう金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)。

f:id:shishi-report:20210719010320j:plain

金剛夜叉明王


平安時代のお像で、五体揃っているのは珍しいそうです。

たしかに私自身も、セットになったお像としては東寺の立体曼荼羅か、醍醐寺のお像くらいしか拝観したことがないので、「おお」となりました。

個人の方が祈祷の際のご本尊にしていたのでは、とのこと(説明パネルより)。

各明王についてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

不動明王(ふどうみょうおう)

降三世明王(ごうざんぜみょうおう)

軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)

大威徳明王(だいいとくみょうおう)

金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)


獅子

f:id:shishi-report:20210719011650j:plain

獅子(文殊菩薩の台座)

奈良博の動物部門代表といえば獅子。
元は文殊菩薩を背上に乗せていたようです。

獅子というより犬っぽいですよね。
口を閉じているのと、毛が短いのがとても珍しいです。

足元が蓮華の台座になっているのもかわいい。

f:id:shishi-report:20210719011854j:plain

獅子の足元

ちなみに、奈良博を代表する獅子がもう一体いるのですが、そちらは後期に展示(8/17~)のようです。

伽藍神立像(がらんしんりゅうぞう)

奈良博の伽藍神立像を撮影した画像

伽藍神立像

奈良博を語るには、このお方も外せません。

以前は「走り大黒」とも呼ばれていたようですが、現在は「伽藍神(がらんしん)」という、寺院を守る神様だということが判明しています。

なんとこのお方、かつては手に槌と釘を持っていたのだとか!
修行を怠るものがいれば釘を刺してこらしめるのだそう!

童顔というか、なんとなくあどなさの残るお顔ですから、釘を刺してこらしめるエピソードとのギャップがすごい。

奈良博の伽藍神立像を撮影した画像

伽藍神立像

全身から躍動感を感じます。
後姿もいい。

奈良博の伽藍神立像を後ろから撮影した画像

伽藍神立像 後姿

仏像についてのまとめ

個人的にはやはり、「出山釈迦如来像」が印象的でした。

伽藍神立像は、なら仏像館の常設展示で何度か見ていましたが、背中側まで回ることはできなかったので、今回後姿も拝めて満足です。

本記事では紹介しきれませんでしたが、薬師如来、阿弥陀如来、十一面観音、地蔵菩薩などなど、定番の仏像たちも出陳されています。

参考情報

地下回廊で写真撮ってもらえます

観覧後、地下回廊(カフェやショップのあるところ)に行くと、本格的な写真撮影ブースがあり、プロの写真屋さん(小路谷写真株式会社)がいました。

「奈良博三昧」のポスターに入り込んだようなデザインの写真を撮ってもらえます。

しかも、小さいサイズでプリントしたもの(来場記念カード)は無料(!)でいただけます(※大きいサイズのプリントや写真データをご希望の場合は1200円)。

f:id:shishi-report:20210719212028j:plain

来場記念カード(イメージ)

この、無料の来場記念カードだけもらうつもりが、いい写真だったので(→やはりプロ)つい大きいものを1200円で買ってしまいました(仏像好きとしては仏像に囲まれているのも嬉しいし)。

中年になると写真を撮る機会も減るので、良い記念になったなと思います。
ご家族写真としてもおすすめです。

1階にも撮影スポットあり(こちらはセルフで)

f:id:shishi-report:20210719214913j:plain

撮影スポット

自撮り派の方々は、1階(会場を出てスロープを下りたあたり)に撮影スポットがありますので、そちらもどうぞ。

なら仏像館もあわせてどうぞ

特別展のチケットで、なら仏像館青銅器館もごらんになれます。

特別展だけでもけっこう見ごたえがあるので、疲れてしまったという場合には、仁王像だけご覧になるのでもよいかも。
>>>5メートル超!金峯山寺の金剛力士立像が奈良博にやってきた(~令和10年頃までの予定))。

総合ガイド>>>【奈良国立博物館】年パス持ちのファンがつづる観覧ガイド【総合】 

 

shishi-report-2.hatenablog.com